2017年7月25日火曜日

オウチュウ(Black Drongo)とヒメオウチュウ(Bronzed Drongo)

 オウチュウ(全長約28cm)は黒色の鳥で町中の電線などに良く止まっていましたが、ヒメオウチュウ(全長22-23.5cm)は山中で見かけました。
  オウチュウは英名がBlackで黒色なのに対して、ヒメオウチュウはBronzedという英名がが付く位で、奇麗な金属光沢をしていました。
 共にスズメ目オウチュウ科に属します。1枚目から5枚目までがオウチュウ(Black Drongo)で
6枚目から11枚目までがヒメオウチュウ(Bronzed Drongo)です。
 またオウチュウは旅鳥として日本に飛来することもありますが、ヒメオウチュウは日本では見れません。
           













にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログ デジスコへ



↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします!
ブログランキングに参加中

2017年7月24日月曜日

ヒメマルハシ(Taiwan Scimitar Babbler )

 台湾の野鳥が続きます。
今回紹介するヒメマルハシはチメドリ科アカガシラチメドリ
亜科マルハシ属に分類される全長約20cm位の鳥で、台湾の固有種です。3日目の早朝、探鳥に向かっているとき、運転手兼野鳥ガイドの女性が急ブレーキをかけて路肩に車を止めたので、何事かと思いましたが、道路にヒメマルハシが横たわっていました…
 おそらく他の車とぶつかってしまったのではないかと想像されます。まだ目を開いて呼吸していましたが、状態はあまり良くないようでした(1枚目の写真)…
 日本語通訳の女性が道路脇に寄せていました。
(2枚目の写真)
 後のヒメマルハシの画像は薄暗い茂みの中を飛び回るのがほとんどだったので、撮影がとても難しかったです。
           












にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログ デジスコへ



↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします!
ブログランキングに参加中

2017年7月22日土曜日

ズグロミソゴイ 頭黒溝五位 ( Tiger Bittern )

 台湾の野鳥 続いてはズグロミソゴイです。これもゴシキドリがいた場所で撮影しました。
以前に奄美大島で夜間に撮影していましたが、やはり昼間に撮影できるのは良い事です。
ズグロミソゴイはコウノトリ目サギ科ミゾゴイ属に分類される全長約47~51cm位の鳥です。
 添付した最初の画像はズグロミソゴイの幼鳥で頭上の枝にとまっていました。白と黒の
斑紋が全身に入っていました。あとは成長と思われるズグロミソゴイです。
            













にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログ デジスコへ



↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします!
ブログランキングに参加中

2017年7月21日金曜日

ヒゴロモ(Maroon Oriole)

 別名:ベニウグイス

 ヒゴロモはコウライウグイス科コウライウグイス属に分類される全長24~28cm位の
鳥です。

分布する地域はヒマラヤ地域、タイ.ミャンマー.中国にわたり、台湾では台湾亜種と
されています。

(露出に失敗してしまい、ノイズの多い、お見苦しい画像ですが、腕に免じて ご勘弁下さい…)







にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログ デジスコへ



↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします!
ブログランキングに参加中

2017年7月20日木曜日

カバイロハッカチョウ(樺色八哥) Common Myna 

 別名:インドハッカチョウ(Indian Myna)

台湾のゴシキドリがいた場所で撮影しました。
スズメム目クドリ科ハッカチョウ属に分類される全長
約22~25cm位の鳥です。以前に日本の石垣島で
インドハッカチョウを苦労して撮影したことがありましたが、台湾で購入した図鑑にはカバイロハッカチョウとして載っていたのでどこが違うのか調べてみると、同じアジア産鳥類の1種でした。このインドハッカチョウは侵略的な外来種でもあり、最重大有害種にもなっていて、農業等に大きな影響を及ぼしているようです。






にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログ デジスコへ



↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします!
ブログランキングに参加中